各ページのタグをクリックすると詳しい情報がご覧になれます。
平成30年5月末現在 労働者死傷病報告受理状況(建設業)
業種土木工事建築工事

その他の
建設

建設業合 計
年度
三島 30年 10 11 2 23 145
29年 8 7   15 130
増減 2 4 2 8 15
沼津 30年 2 10 1 13 165
29年 6 5 1 12 124
増減 -4 5   1 41
富士 30年 4 8 5 17 165
29年 3 8 3 14 152
増減 1   2 8

13

静岡 30年 3 14 5 22

230

29年 4 13 1 18 177
増減 -1 1 4 4 53
島田 30年 2 14 3 19 182
29年 8 12 1 30 243
増減

-6

-7 2 -11 -61
磐田 30年 3 7 2 12 168
29年 5 13 2 20 169
増減 -2 -6   -8 -1
浜松 30年 8 19 6 33 290
29年 4 16 4 24 281
増減 4 3 2 9 9
30年 32 83 24 139 1,345
29年 38 83 12 133 1,276
増減 -6   12 6

69


ページトップに戻る
平成30年 死亡災害発生事例
轄別 発生月日・時刻
業種
死亡者の
性別・年齢
労働者数
災害発生状況
事故の型
起因物
三島署 3月
土木工事業
10人未満

 自社倉庫のFRP製の波板屋根の修理作業を行っていた被災者が、高さ5.57mの屋根の波板を踏抜いて墜落し死亡したもの。
 被災者は保護帽、安全帯を着用しておらず、また、屋根にも防網等も設けられていなかった。

墜落・転落

屋根・はり
もや・けた
合掌

磐田署 4月
建築工事業
10〜29人

 倉庫解体工事におけるスレート屋根撤去作業中に、屋根上で作業していた被災者が木毛板を踏抜き約8m下の地面に墜落し死亡したもの。

墜落・転落

屋根・はり
もや・けた
合掌


ページトップに戻る